魚類

「ホウボウ」ってどんな魚!?産地や旬はいつ!?

投稿日:2017年11月23日 更新日:

みなさんは「ホウボウ」というちょっと見た目が面白い魚を
見た事、食べた事がありますか?

私が先日セリ場で見た時、気になった魚なんです。

今回は「ホウボウ」についてどんな魚なのか?
また旬はいつなのか?

ご紹介したいと思います。

「ホウボウ」ってどんな魚?

ほうぼうはカサゴ目ホウボウ科に分類され、日本では北海道南部より南に生息している魚なんです。
冬は南へ移動、春から夏頃に南から北へ移動します。

生息している場所は、砂や泥の底。浅瀬から水深の深いところまで様々で、
主に砂や泥の中の甲殻類 「エビ」「カニ」「シャコ」などをエサにしています。

体長は約30~40センチ、大きいものですと、50センチほどになります。

ホウボウの特徴

成長が遅い魚
約30センチ程の成魚になるのに約4年ぐらいかかってしまうんですよ。
体の色が綺麗な魚
体色は成魚になると背が褐色地だが、頭から体全体が鮮やかな赤い斑が現れ、
背ビレや尾ビレ、腹ビレ、尻ビレは淡いピンク色をしています。
●形が面白い魚
大きいものは40~50㎝になり、インパクトのある大きく角ばった硬い頭の後ろが、
徐々に尻すぼみになっていく円錐の体形をしています。

胸ビレがとても大きいんです。

背は褐色の赤っぽい色、腹側は綺麗な青緑色に青の小斑紋。

海底で泳ぐ様子は羽を広げているように見えて凄く綺麗なんです。

泳ぐ様子も変わっていて、脚の膝関節があるかのように曲げて、
それを使って海底を歩くように動くのが大きな特徴です。

「ホウボウ」の産地、旬はいつなの!?

ホウボウの旬は 12月~2月ごろまでの冬の時期でしょう。

一年を通じて漁獲される魚ですが、脂がのっておいしいのは、産卵直前の冬。
最も美味しい旬です。

最近よく見かけるようになりましたが、高級魚として知られています。

ホウボウの産地と美味しい旬の時期

  • 底引き網漁で獲れます
    日本近海では、北海道南部から九州、沖縄にかけての各地の沿岸で主に底引き網で漁獲される他、
    延縄や定置網でも漁獲されています。
  • ホウボウの旬は
    ホウボウは通年獲れ、一年を通して美味しい魚ではありますが、中でも
    12月から2月の冬が脂がのって最も美味しい旬になります。

「ホウボウ」なぜこのような名前で呼ばれるようになったの!?

変わった名前ですよね。

ホウボウには2つの名前の由来があるとされています。
その由来が面白いんですよ。

鳴き方

ホウボウの鳴き方の動画などを検索してみると、鳴いているんです。

「ホウ ボウ」って聞こえませんか?

面白いですねー。
ホウボウが鳴けるのは、体の中にある浮き袋を振動させているためで、
その泣き声が「ホウボウ」と聞こえホウボウと呼ばれるようなったようです。

※ちなみに、ホウボウが鳴くのは、敵に襲われたときに威嚇するためや、
仲間に危険を知らせるために鳴きます。

歩く

ホウボウは海の底を歩けるんです!

胸ビレの一部が変化して出来た足のおかげなんです。

その足で『方々』歩くことからホウボウと呼ばれたとされています。

他にもあるのかも知れませんが、どちらの由来なんでしょうかね?

美味しいホウボウの選び方、食べ方は!?

ホウボウはどうやって漁獲されるのでしょうか?

主にヒラメやカレイなどの底引き網漁で一緒に獲れるんですよ。
釣りでも人気があるので、堤防や船からルアーや餌釣りでもOK。

●やや高値の白身魚
ホウボウは頭が大きく歩留まりは良くないですが、白身で非常に美味しい魚です。

白身ですが淡白さがそれほど感じず、旨みがあり、煮ても焼いても、生でも万能な魚なんです。

ホウボウ科の中では最も大きな種類で、焼き・刺し・煮は勿論、揚げ物、鍋物、干物、
そして骨や内臓まで食用として需要があります。

ホウボウを選ぶ目利きのポイント

刺身なら活〆、腹がまだ硬いものがおススメ!

ホウボウは刺身など生のまま食べるなら活〆されたものが良いです。
そうでなければ、触ってお腹がしっかり張りと硬さがある物を選びましょう。
鮮度が落ちてくるとお腹が緩んできます。

目が澄んでいて濁ってない、そして体の色が鮮やか!

目が澄んでいるものが良いですね。
また、ホウボウは鮮度が落ちてくると色あせてくるので、鮮やかな物を選びましょう。

エラが鮮紅色のもの

これはよくある確認の仕方です。
エラ蓋を開けてみてエラの色を確認します!
鮮やかな赤い色であれば新鮮。

鮮度が落ちるにしたがって、肌色から茶色っぽい色になってきます

※大抵の魚に通じるものがあるので、是非試してみて下さいね!

まとめ

「ホウボウ」はまさに、これからが旬です!

ホウボウは頭が大きく歩留まりは良くないですが、
非常に美味しい魚です。

見た目で避けずに、食べてみて下さいね。食べないと損しますよ。

皆さんも少し「ホウボウ」知っていただけましたでしょうか?

このぐらい特徴的だと数ある魚の中でも覚えやすいですよね!

-魚類
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

さんまの美味しい選び方は!?旬の美味しい秋刀魚の焼き方!?

だいぶ肌寒い時期になってきましたね。 秋と言えばそう!秋刀魚の季節がやってきました! 例年高騰を続けている秋刀魚ですが、果たして今年のさんまはどうなのでしょうか? 今回はさんまの美味しい時期と美味しい …

アジの旬はいつ?味(鯵)の良い、美味しい アジの選び方は!?

私たちの、食卓によく並ぶ馴染みの魚「アジ」 フライにしても美味しいし、そのまま刺身でも 美味しいですね。 よく食べられているアジの旬な時期をご存知ですか? 年間を通して食べているので、あまり旬と言われ …

ウマズラハギ(馬面剥)ってどんな魚?特徴や旬は!?

年間を通じて入荷があり、面白い顔の魚を見つけました。 その名も 「ウマズラハギ」です。 馬の顔をした魚なのでしょうか? 気になります。 今回はウマヅラハギ(馬面剥)の 生態や特徴と産地や旬をご紹介して …

出世魚「ブリ」の名前はどう変わるの!?地域の違いはどう!?

魚を見てると、似ている魚が沢山いますね。 魚の中には成長し大きくなる過程で名前が変わっていく、 「出世魚」という魚が存在います。 出世魚?最初聞いても、ピンときませんでした。 大きくなるにつれて、名前 …

寒ブリの美味しい時期はいつ?脂はのってるが栄養は!?

皆さんにもなじみの深い魚。 「ブリ」 年間を通して美味しく食べることが出来ますが 冬の季節なると、『寒ブリ』と言われるブリが 市場に出回るようになります。 とっても脂がのって、この時期のブリが1番美味 …